×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デリケートゾーンのムダ毛処理は危険

« 白髪染めシャンプーはホントに無害か? | メイン | プロペシアの効き目? »

デリケートゾーンのムダ毛処理は肌を痛めやすいものです。
たしかに、ムダ毛をとりたいのはわかるけど、 肌を痛めないようにすることが大切です。

なぜIラインやビキニの自己脱毛がよくないかというと。 毛抜きでムダ毛を抜くことで、毛穴が広がって、 ばい菌が侵入しやすくなるのです。

炎症を起こして、さらに化膿したりなどと お肌にとってはリスクが高いのです。

また、色素沈着が伴います。
デリケートゾーンはそれでなくても、 下着などがすれて、色素沈着しやすい場所ですから。

それに、ムダ毛を毛抜きで抜いてもまた直に生えてきてしまいます。
埋もれ毛なども発生しやすいです。

デリケートゾーンの毛を剃ったことで、 それまでよりももっと太い毛が生えてきた経験ありませんか? これって、決して気のせいではありません。

毛細血管が刺激を受けるので、 栄養分も毛包部分に届きやすくなるからなのです。

Vライン・Iライン・Oライン脱毛はエステや クリニックで永久的なものにしたいですね。


サイトTOPへ